Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

7月度の感染被害はやや減少 - ワームに増加傾向

トレンドマイクロは、7月度のコンピュータウイルス感染被害レポートを公開した。

7月度に同社へ寄せられた感染被害は7328件。わずかだが先月から減少している。スパイウェアの「GATOR」が201件でトップ。次点が136件の「BYTEVER」で、いずれも先月と同位だった。

しかし、3位にワーム「SDBOT」が食い込むなど、ワームの増加傾向が確認されたという。また、セキュリティパッチが未供給であるゼロディアタックの攻撃報告が寄せられたという。

(Security NEXT - 2006/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
Forcepoint DLPにXXE脆弱性 - 複数製品に影響
開発言語「Go」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
新型コロナ陽性者宛の診断結果メールで誤送信 - 岡山県
保健所職員が結核健診名簿をATMに置き忘れ - 大阪市
Gポイントに不正ログイン - ポイント不正交換も
トヨタ子会社のバッテリーメーカーでサイトの改ざん被害
LINEのURLプレビュー機能に不具合 - 限定公開URLが漏洩したおそれも
「Apache Calcite」の一部演算子処理に深刻な脆弱性
Sophos製ファイアウォールに深刻な脆弱性 - すでにゼロデイ攻撃も