Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

7月度の感染被害はやや減少 - ワームに増加傾向

トレンドマイクロは、7月度のコンピュータウイルス感染被害レポートを公開した。

7月度に同社へ寄せられた感染被害は7328件。わずかだが先月から減少している。スパイウェアの「GATOR」が201件でトップ。次点が136件の「BYTEVER」で、いずれも先月と同位だった。

しかし、3位にワーム「SDBOT」が食い込むなど、ワームの増加傾向が確認されたという。また、セキュリティパッチが未供給であるゼロディアタックの攻撃報告が寄せられたという。

(Security NEXT - 2006/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む資料を誤廃棄、運搬中に落下して散乱 - 群馬県
短大生が職員チャットを無断閲覧、揶揄する内容も - 茨城県
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
「baserCMS」に脆弱性 - アップデートで修正を実施
「VMware Workstation」「Fusion」にセキュリティアップデート
Fortinet、「FortiOS」のアップデートを追加
JR西日本の会員サービスを装うフィッシング攻撃に注意
サイバー攻撃で従業員PCのIDやPWハッシュが流出 - ダイドー
脆弱性判明した「ConnectWise ScreenConnect」、約1万8000件が稼働
テスト用アカウントに不正アクセス、スパム踏み台に - 出水市