Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

7月度の感染被害はやや減少 - ワームに増加傾向

トレンドマイクロは、7月度のコンピュータウイルス感染被害レポートを公開した。

7月度に同社へ寄せられた感染被害は7328件。わずかだが先月から減少している。スパイウェアの「GATOR」が201件でトップ。次点が136件の「BYTEVER」で、いずれも先月と同位だった。

しかし、3位にワーム「SDBOT」が食い込むなど、ワームの増加傾向が確認されたという。また、セキュリティパッチが未供給であるゼロディアタックの攻撃報告が寄せられたという。

(Security NEXT - 2006/08/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

脅威ハンティングサービスを開始 - NTTデータ先技
新型コロナの注意喚起ページが改ざん被害 - 北大阪急行電鉄
仮想通貨取引所装うフィッシングサイト - 偽広告で誘導
「ServerProtect for Linux」に「OSコマンドインジェクション」の脆弱性
クラウドファンディング支援者向けのメールで送信ミス - 浦和レッズ
サロン向け通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
UQ mobileで信用情報登録ミス、最大1万2176人の与信判断に影響した可能性
ゲーム「原神」に監視プログラム、アンインストール後も動作 - チート対策と釈明、修正へ
インシデント体験の研修サービスがテレワークに対応 - ラック
「ドコモ口座」の被害申告状況を更新 - NTTドコモ