Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2つのウイルス対策エンジンで高い検知率を実現 - アイフォー

アイフォーは、アンチウイルスソフト 「G DATA アンチウイルスキット 2007」、および統合セキュリティソフト 「G DATA インターネットセキュリティー 2007」を、 9月15日より発売する。

「G DATA アンチウイルスキット 2007」、は、独G DATA Software AGが開発したウイルス対策ソフト。「Kaspersky」と「avast!」の2つのウイルス対策エンジンを搭載したダブルスキャンにより、高いウイルス検知率を実現した。

また、G DATAのセキュリティセンターがウイルスらしきプログラムを発見したらパソコンに通知し、疑わしいファイルを隔離してパソコンを守る「アウトブレークシールド」機能も装備された。これにより、新種ウイルスの発見から最短30秒で対処することができるという。さらに、Winnyの起動を阻止する機能やスパイウェア対策機能なども備えている。価格は9240円。

「G DATA インターネットセキュリティー 2007」はこれらの機能にくわえ、不正アクセス防止や迷惑メール防止、フィッシング対策、URLフィルタリング、コンテンツブロックなどの諸機能を備えている。価格は1万1025円。

(Security NEXT - 2006/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個情委見解受け再精査、個人情報流出の可能性ありと判断 - こころネット
「個人情報を考える週間」がスタート - 啓発活動を展開
macOSの既知脆弱性「CVE-2024-27842」に実証コード
実際に確認された巧妙な「ビジネスメール詐欺」 - IPAが事例集
「macOS」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正
Synology製監視カメラのファームウェアにサービス拒否の脆弱性
「Ruby」のXMLパーサーライブラリにDoS攻撃受けるおそれ
図書館向け資料検索システム「VuFind」に複数の脆弱性
学童保育施設でメール誤送信、抽選結果に別人氏名 - 鎌倉市
TP-Linkの監視カメラやネットワーク設定用アプリに脆弱性