Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不要PCのデータ消去から売却、廃棄まで一貫サポート - オリックス環境ら

オリックス環境およびオリックス・レンテックは、不要パソコンのデータ消去から売却、廃棄、リサイクルまで処理まで一貫してサポートする「HDDデータ消去サービス」の提供を開始した。

同サービスは、使用済みの不要パソコン内に残存しているデータを消去し、売却や廃棄、リサイクルるまでワンストップで提供するサービス。顧客が選択したパソコンの処理方法に基づいて、データ消去を行う。売却を希望する場合は、オリックス・レンテックが上書消去を行う。価格は1500円から2300円で、消去法により異なる。

また、廃棄希望の場合は、オリックス環境が磁気消去を行う。顧客の目の前で消去作業を行う「オンサイト作業」は1台につき3000円。出張費として別途1万5000円かかる。同社提携の倉庫内で作業を行う「倉庫作業」は2000円。廃棄処理費用は別途見積もりとなる。

(Security NEXT - 2006/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

新型コロナ陽性者宛の診断結果メールで誤送信 - 岡山県
保健所職員が結核健診名簿をATMに置き忘れ - 大阪市
Gポイントに不正ログイン - ポイント不正交換も
トヨタ子会社のバッテリーメーカーでサイトの改ざん被害
LINEのURLプレビュー機能に不具合 - 限定公開URLが漏洩したおそれも
「Apache Calcite」の一部演算子処理に深刻な脆弱性
Sophos製ファイアウォールに深刻な脆弱性 - すでにゼロデイ攻撃も
国内組織の3割強が過去3年間にランサム被害 - 暴露予告や関係者への通知で圧力
2022年2Qの不正送金、前四半期比約1.9倍 - 補償率が6割台前半に
ニトリにPWリスト攻撃、スマホアプリ経由で - 約13万アカウントがログイン許した可能性