Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイクロソフトら、システムの不具合解析ツールを無償提供

マイクロソフトは、障害発生時に不具合を解析する技術者向けツール「Microsoft Support Professionals Toolkit for Windows 8.1」を提供すると発表した。

同ツールは、従来は高いスキルが求められた障害の原因究明作業を効率的にサポートを支援する技術者向けツール。マイクロソフトとNTTデータ、東芝、日本ユニシス、日立製作所、富士通など大手ITベンダー5社が協同で開発した。Windows Server 2003およびMicrosoft Windows 2000 Serverにも対応している。

ユーザーモードで動作するアプリケーションのトラブルを分析する「User Mode Process Dumper Version 8.1」および、デスクトップヒープの残量を確認する「Desktop Heap Monitor Version 8.1」の機能を強化。いずれも8月8日よりマイクロソフト ダウンロード センターにて無償提供を開始する。

また、あらたに32bit、64bit カーネルダンプファイルを解析する「Kernel Memory Space Analyzer」を開発。8月下旬にマイクロソフトのウェブサイトで無償提供を開始する予定。いずれも最新版では、従来のx86、x64、Itaniumに加え、デュアルコア インテルItanium 2プロセッサに対応。

(Security NEXT - 2006/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「PHPMailer」に深刻な脆弱性 - 過去修正済みの脆弱性が再発
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
ファイル共有サービス「クリプト便」に「PCI DSS」対応オプション
CSCとグローム、医療業界向けセキュリティサービスで提携
水道管調査サイトで一般利用者に管理者IDを誤発行 - 神戸市
米子会社にランサム攻撃、データ流出の可能性 - 小森コーポレーション
グローバル拠点のサイバーリスクを評価するサービス - 東京海上日動
小学校教員がフィッシング被害、クラウドにスマホ同期の業務画像 - 生駒市
過去の助成対象者情報含むファイルを研究者などへ送信 - 佛教大
脆弱性「FragAttacks」が判明 - ほぼすべてのWi-Fi機器に影響