Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マイクロソフトら、システムの不具合解析ツールを無償提供

マイクロソフトは、障害発生時に不具合を解析する技術者向けツール「Microsoft Support Professionals Toolkit for Windows 8.1」を提供すると発表した。

同ツールは、従来は高いスキルが求められた障害の原因究明作業を効率的にサポートを支援する技術者向けツール。マイクロソフトとNTTデータ、東芝、日本ユニシス、日立製作所、富士通など大手ITベンダー5社が協同で開発した。Windows Server 2003およびMicrosoft Windows 2000 Serverにも対応している。

ユーザーモードで動作するアプリケーションのトラブルを分析する「User Mode Process Dumper Version 8.1」および、デスクトップヒープの残量を確認する「Desktop Heap Monitor Version 8.1」の機能を強化。いずれも8月8日よりマイクロソフト ダウンロード センターにて無償提供を開始する。

また、あらたに32bit、64bit カーネルダンプファイルを解析する「Kernel Memory Space Analyzer」を開発。8月下旬にマイクロソフトのウェブサイトで無償提供を開始する予定。いずれも最新版では、従来のx86、x64、Itaniumに加え、デュアルコア インテルItanium 2プロセッサに対応。

(Security NEXT - 2006/07/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

国内組織の3割強が過去3年間にランサム被害 - 暴露予告や関係者への通知で圧力
2022年2Qの不正送金、前四半期比約1.9倍 - 補償率が6割台前半に
ニトリにPWリスト攻撃、スマホアプリ経由で - 約13万アカウントがログイン許した可能性
「未払い料金ある」「給水停止予告」とだます偽水道局のメールに注意
自転車防犯登録カード1056人分を紛失 - イトーヨーカ堂
尼崎市USBメモリ紛失事故でBIPROGYに行政指導 - 委託元は監督対象外
サイバー攻撃により個人情報流出の可能性 - JA大潟村
DNSサーバ「BIND」に6件の脆弱性 - アップデートがリリース
複数サーバでランサム被害、アラートで気づく - ダイナムJHD
複数サーバがランサム被害、詳細を調査 - 日本盛