Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

りそなホールディングス、りそな銀行と近畿大阪銀行の顧客情報紛失を発表

りそな銀行と近畿大阪銀行において、顧客情報が記録されたマイクロフィルムや書類などの紛失が判明した。

りそなホールディングスの発表によれば、りそな銀行の43支店において、顧客情報が記録されたマイクロフィルム「コムフィッシュ」の紛失が判明した。記録されていたのは、顧客計17万1612名分の氏名、口座番号、預金残高、貸出金残高、取引日など。

また近畿大阪銀行では、132支店において、顧客3340名分の氏名、住所、電話番号、口座番号などが記載された印鑑届の紛失が判明。さらに43支店では顧客110名分の氏名、住所、電話番号、勤務先などが記載されたカードローン契約書の紛失が明らかになった。

いずれも、店舗の統廃合時に誤って廃棄した可能性が高いとしている。両行では今後、再発防止に向けて顧客情報の管理を再徹底するとしている。

(Security NEXT - 2006/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
政府の共通認証サービス「GビズID」に不正アクセス
サーバに不正アクセス、原因を調査中 - 採用コンサル会社
業務用ユニフォームの通信販売サイトに不正アクセス
不正アクセスでECサイト会員のメアドが流出 - 文具画材店
Forcepoint DLPにXXE脆弱性 - 複数製品に影響
開発言語「Go」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
新型コロナ陽性者宛の診断結果メールで誤送信 - 岡山県
保健所職員が結核健診名簿をATMに置き忘れ - 大阪市
Gポイントに不正ログイン - ポイント不正交換も