Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

りそなホールディングス、りそな銀行と近畿大阪銀行の顧客情報紛失を発表

りそな銀行と近畿大阪銀行において、顧客情報が記録されたマイクロフィルムや書類などの紛失が判明した。

りそなホールディングスの発表によれば、りそな銀行の43支店において、顧客情報が記録されたマイクロフィルム「コムフィッシュ」の紛失が判明した。記録されていたのは、顧客計17万1612名分の氏名、口座番号、預金残高、貸出金残高、取引日など。

また近畿大阪銀行では、132支店において、顧客3340名分の氏名、住所、電話番号、口座番号などが記載された印鑑届の紛失が判明。さらに43支店では顧客110名分の氏名、住所、電話番号、勤務先などが記載されたカードローン契約書の紛失が明らかになった。

いずれも、店舗の統廃合時に誤って廃棄した可能性が高いとしている。両行では今後、再発防止に向けて顧客情報の管理を再徹底するとしている。

(Security NEXT - 2006/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スズキ海外子会社にサイバー攻撃、工場が一時操業停止
広く活用されるnpmパッケージ「UAParser.js」にマルウェア混入
脆弱性を修正した「PHP 7.4.25」がリリース
オープンソースのフォーラムソフト「Discourse」に深刻な脆弱性
三菱電機にサイバー攻撃 - 子会社複数顧客の関連データが流出
日産証券、不正アクセス受けた取引システムを廃止 - 一部代替システムへ
「PHP 8.0.12」がリリース、権限昇格の脆弱性など修正
医療関係者のメールアドレスリストを案内メールに誤添付 - 科研製薬
不正アクセスで約57万件の迷惑メール送信 - 群大
個別の脅威調査に応じるチケット制サービス - カスペルスキー