Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IIJ、不正侵入防止サービス「IIJマネージドIPSサービス」を提供

インターネットイニシアティブは、不正侵入防止機能を搭載した「IIJマネージドIPSサービス」を提供開始。従来より提供している「IIJネットワーク侵入検知サービス」と合わせ、ラインナップを強化した。

同サービスは、顧客の社内ネットワークを常時監視し、不正な攻撃を検知した際は遮断するサービス。インターネットのゲートウェイだけでなく、社内LANやWANなどの内部ネットワークにIPS機器を設置することで社内外の不正アクセスにも対応する。設置は同社エンジニアがそれぞれの環境に合わせて設定を行うという。

同サービスは、インターネットセキュリティシステムズより、同社IPS「Proventia GXシリーズ」を活用した「マネージド プロテクション サービス」のOEM供給を受け、今回のサービスを実現した。

(Security NEXT - 2006/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

イベント案内メール誤送信でメアド流出 - 中高生向けコミュニティ
顧客判断待たずに初動対応するSOCサービス - ログによるさかのぼり調査も
FFRI、先端技術分野の脅威分析やトレーニングなど新サービス
PCR検査依頼書を無関係の企業へメール誤送信 - 米子保健所
「WordPress 5.7.2」が公開 - 1件のセキュリティ修正
「PHPMailer」に深刻な脆弱性 - 過去修正済みの脆弱性が再発
羽生結弦カレンダー販売サイトへの不正アクセス、調査結果を公表
「Salesforce」で約5時間にわたり障害 - 原因は緊急修正の実施
約3分の1の企業がIoTやOTでセキュリティ事故を経験
MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み