Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

掲示板管理者などにおける有害情報への自主対応について報告書 - 総務省

総務省は、違法や有害な情報に対する掲示板やサーバ運営者の対応に関する報告書案を取りまとめ、現在意見を募集している。締め切りは7月21日17時必着。

報告書案、「インターネット上の違法・有害情報への対応に関する研究会最終報告書案」は、同省が開催している「インターネット上の違法・有害情報への対応に関する研究会」がまとめたもの。

インターネット上にある違法や有害情報に対して、掲示板やサーバ運営者などが対策を講じることができるよう支援する制度について整理した。法律の解釈や国内の現状や抱えている問題、諸外国の状況などについてまとめている。

同省では、パブリックコメントを実施した上で「インターネット上の違法・有害情報への対応に関する研究会 最終報告書」として8月上旬に公開する見込み。

同報告書案では、電子掲示板の管理者などが、有害情報などを書き込まれたまま放置した場合の法的責任について触れており、裁判などに注目すべきとしながらも、違法な情報を放置したとの理由のみで刑事上の責任が問われる可能性は低いとした。

一方、送信防止措置を行った場合の法的責任などに言及しており、違法な情報について送信防止措置を行った場合についても同様に責任を負うとは考えられないとしている。

同研究会では、違法性について確実で容易に判断できるシステムや、有害情報についても関連団体がモデル約款などを用意することなど、送信防止措置に対する支援策について提言を行っている。

(Security NEXT - 2006/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

東京オリパラ踏まえた脅威対策でオンラインシンポジウム - JC3ら
9月のDDoS攻撃件数は増加、最大規模の攻撃は約4.4Gbps - IIJ調査
「サブスク」のトラブル相談、毎月約500件 - 「登録メアドがわからない」「解約し忘れ」
医薬品開発支援のリニカル、今度は欧州子会社にサイバー攻撃 - 身代金要求の脅迫も
バイク関連製品通販サイトで個人情報流出のおそれ - 3Dセキュアも
「macOS」にアップデート - ゼロデイ脆弱性にも対応
個人情報含む調査票の誤送付が2件判明 - 国交省
富士電機製の制御システム関連製品に複数の脆弱性
富士電機の「V-Server Lite」に脆弱性 - アップデートが公開
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応