Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住友電気工業ら、IT資産管理システムに検疫オプションを追加

住友電気工業、住友電工フィールドシステム、ネットマークスの3社は、ネットワーク検疫システム「ManagementCore IT資産管理システム 検疫オプション」を9月より発売する。

クライアントPCやネットワーク機器のの統合管理を行う住友電工とSFSの「ManagementCore IT資産管理システム」とシスコシステムズの「Network Admission Control」の連携させたシステムで、「同検疫オプション」としてネットマークスが中心となり販売する予定。

同製品は、クライアントPCがネットワークに接続する際、OSのセキュリティパッチの適用状況やアンチウイルスソフトの更新状態をチェックする検疫ソリューション。問題がある場合、隔離やウイルスの駆除などを実施。また、修復手順などを誘導するという。また、Winnyの利用やUSBメモリの制限機能などを搭載している。

(Security NEXT - 2006/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

北南米地域統括会社にサイバー攻撃、影響など調査中 - オリンパス
「小児医療情報収集システム」への不正アクセス - 原因は脆弱なパスワード
A10、DDoS対策アプライアンスに上位モデル - 380Gbpsのスクラビングに対応
「QVR」が稼働するQNAP製NASにRCEの脆弱性が判明
2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増
「ちばシティポイント」参加者のアカウント情報などが外部流出の可能性 - 千葉市
SAP、月例パッチ13件をリリース - 重要度がもっとも高い「HotNews」は2件
SIEMによる従業員の異常行動分析を支援 - ALSI
講演案内メールでメアド流出、7回送信 - 照明学会
富士通とトレンド、コネクテッドカーのセキュリティ対策で協業