Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住友電気工業ら、IT資産管理システムに検疫オプションを追加

住友電気工業、住友電工フィールドシステム、ネットマークスの3社は、ネットワーク検疫システム「ManagementCore IT資産管理システム 検疫オプション」を9月より発売する。

クライアントPCやネットワーク機器のの統合管理を行う住友電工とSFSの「ManagementCore IT資産管理システム」とシスコシステムズの「Network Admission Control」の連携させたシステムで、「同検疫オプション」としてネットマークスが中心となり販売する予定。

同製品は、クライアントPCがネットワークに接続する際、OSのセキュリティパッチの適用状況やアンチウイルスソフトの更新状態をチェックする検疫ソリューション。問題がある場合、隔離やウイルスの駆除などを実施。また、修復手順などを誘導するという。また、Winnyの利用やUSBメモリの制限機能などを搭載している。

(Security NEXT - 2006/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に情報漏洩のおそれ - 11月17日の更新で修正済み
政府行政ポータル「e-Gov」で個人情報が流出 - リニューアル後に複数不具合
特典発送で委託先が宛名シールを二重貼り、個人情報流出 - LINE
ランサム感染で顧客プログラム資産が流失した可能性 - システム開発会社
Xeroxの「DocuShare」に複数の脆弱性 - ホットフィクスをリリース
キャッシュレス決済連携でガイドライン - 全銀協
DNSサーバ「NSD」「Unbound」に脆弱性 - アップデートが公開
VMware製品の未修正脆弱性、パッチが公開に - CVSS値は下方修正
Synology製の複数製品に深刻な脆弱性 - 一部はパッチ未提供
eコマースシステム「EC-CUBE」に2件の脆弱性