Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

住友電気工業ら、IT資産管理システムに検疫オプションを追加

住友電気工業、住友電工フィールドシステム、ネットマークスの3社は、ネットワーク検疫システム「ManagementCore IT資産管理システム 検疫オプション」を9月より発売する。

クライアントPCやネットワーク機器のの統合管理を行う住友電工とSFSの「ManagementCore IT資産管理システム」とシスコシステムズの「Network Admission Control」の連携させたシステムで、「同検疫オプション」としてネットマークスが中心となり販売する予定。

同製品は、クライアントPCがネットワークに接続する際、OSのセキュリティパッチの適用状況やアンチウイルスソフトの更新状態をチェックする検疫ソリューション。問題がある場合、隔離やウイルスの駆除などを実施。また、修復手順などを誘導するという。また、Winnyの利用やUSBメモリの制限機能などを搭載している。

(Security NEXT - 2006/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含む添付書類を紛失 - 瑞浪市消防本部
関係者の個人情報含むファイルをメールに誤添付 - 日本学術振興会
戸籍謄抄本等交付申請書を紛失、保存箱に誤った廃棄時期ラベル - 神戸市
ルータやブラウザなど悪用済み脆弱性3件に注意喚起 - 米当局
ペットフード通販サイトの顧客情報が窃取被害 - 一部データの消去も
フィッシング報告数が再び10万件超に - 目立つ料金督促の偽装
先週注目された記事(2024年5月12日〜2024年5月18日)
「Zabbix」のサーバに深刻な脆弱性 - 3月の更新で修正済み
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
中学校生徒の個人情報含む修学旅行のしおりを紛失 - 仙台市