Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オンラインゲーム「Xenepic Online」の利用者情報が流出 - ハンゲーム

オンラインゲームポータルサイト「ハンゲーム」の一部利用者情報が流出したことがわかった。

今回流出が判明したのは、ハンゲームを運営するNHN Japanとゲームガーデンが、同ポータルサイト内において共同で運営している「Xenepic Online」の利用者情報29万7805件。

ゲームガーデンがダウンロード可能なサーバへ誤ってデータを保存してしまったために流出。流出した情報には、同ゲーム用のIDや参加用パスワード、メールアドレスなど。さらにサーバのログなども含まれており、チャットの履歴なども含まれていた。

NHN Japanでは、流出した情報は上記のみとし、クレジットカード番号といった決済に関する情報の流出については否定している。

事件発覚後、NHNではデータを削除し、サーバへのアクセスを制限。流出したパスワードを無効化した。27日の時点で不正利用などの被害はないという。

また、インターネット上に専用問い合わせフォームを設置し、顧客対応を行っているほか、該当する利用者に対してメールや同サイトのミニメールを通じて事情を説明するとしている。

(Security NEXT - 2006/06/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

13名に5億円? 「新コロ特例給付金」とだます偽メール - 今度は財務省を偽装
11月のフィッシング報告、初の3万件台で過去最多 - 上位5ブランドで9割
政府、「サイバーセキュリティ月間」の関連行事を募集
正規署名で検知回避する「SigLoader」 - VPN経由の標的型攻撃で悪用
法人パートナー向けサイトでアカウント情報が流出か - パナソニック関連会社
福島県立医大付属病院で2度のランサムウェア被害
数十以上の金融機関にDDoS攻撃か - ダークネットで応答パケット観測
中学校で家庭環境票が所在不明 - 府中町
DRM実装の動画配信プラットフォームを提供 - エイガ・ドット・コム
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ