Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ベリサインと帝国データバンク、企業内個人向け電子認証で提携

日本ベリサインと帝国データバンクは、企業や団体内の個人を対象とした電子認証サービスで協業すると発表した。「ベリサイン 個人用電子証明書 Class2 スタンダード」を7月10日より販売する。価格は1万2600円。

同サービスは、組織や企業内個人を対象に2年間利用できる電子証明書を発行するもの。組織の実在性確認と利用者が組織に所属していることを確認するため、従来のClass1個人用電子証明書よりも厳格な認証を実現する。

また新サービスでは、1枚から証明書の発行が可能。帝国データバンクのTDB企業コードを電子証明書に格納しており、所属組織や団体の特定が容易に行えるという。

(Security NEXT - 2006/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
政府の共通認証サービス「GビズID」に不正アクセス
サーバに不正アクセス、原因を調査中 - 採用コンサル会社
業務用ユニフォームの通信販売サイトに不正アクセス
不正アクセスでECサイト会員のメアドが流出 - 文具画材店
Forcepoint DLPにXXE脆弱性 - 複数製品に影響
開発言語「Go」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
新型コロナ陽性者宛の診断結果メールで誤送信 - 岡山県
保健所職員が結核健診名簿をATMに置き忘れ - 大阪市
Gポイントに不正ログイン - ポイント不正交換も