Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本ベリサインと帝国データバンク、企業内個人向け電子認証で提携

日本ベリサインと帝国データバンクは、企業や団体内の個人を対象とした電子認証サービスで協業すると発表した。「ベリサイン 個人用電子証明書 Class2 スタンダード」を7月10日より販売する。価格は1万2600円。

同サービスは、組織や企業内個人を対象に2年間利用できる電子証明書を発行するもの。組織の実在性確認と利用者が組織に所属していることを確認するため、従来のClass1個人用電子証明書よりも厳格な認証を実現する。

また新サービスでは、1枚から証明書の発行が可能。帝国データバンクのTDB企業コードを電子証明書に格納しており、所属組織や団体の特定が容易に行えるという。

(Security NEXT - 2006/06/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ドコモメールになりすまし警告機能 - 「DMARC」未導入も対象
セミナー開催の案内メールで誤送信 - 川崎市産業振興財団
「Ivanti」の5製品に脆弱性 - 修正パッチがリリース
ATMの取引情報を記録した光ディスクを誤廃棄 - 北星信金
NAS向けにアップデートを公開、脆弱性5件を修正 - QNAP
公文書閲覧システムに個人情報など不開示情報を誤掲載 - 埼玉県
ランサムウェア被害でシステム障害が発生 - 岡山県精神科医療センター
マルウェア「Kinsing」、脆弱な「Apache Tomcat」サーバを攻撃の標的に
Cisco、アドバイザリ6件を公開 - 「Firepower 」などの脆弱性を修正
PBXサーバ「Asterisk」に脆弱性 - 不正通話のおそれ