Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

電子マネー「ネットキャッシュ」のID、8万件が流出 - 不正アクセスで

NTTカードソリューションが運営するプリペイド式電子決済サービス「ネットキャッシュ」が不正アクセスに遭い、同サービスのIDが流出したことがわかった。流出件数は、8万1105件に上り、すでに327万円分の実被害が発生している。

同社では、流出したIDのうち、販売前の5,0419件と購入されたが未使用だった2286件については利用を停止。しかし、すでに販売され、残高がない2万4363件と利用中の4037件において不正利用されたおそれがあるという。

同社では、専用窓口を設置し、顧客に対してウェブ上で残高を確認し、不正利用により残高が減っている場合は同社まで連絡してほしいとアナウンスしている。同社では不正利用された場合について、個別に購入履歴を確認した上で新しいIDへ交換するという。

同社では、すでにサーバの不具合を修正し、現在は同サービスの運営について問題ないとしている。

(Security NEXT - 2006/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サーバやパソコンにサイバー攻撃 - JR西日本関連会社
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
ネットバンクの不正送金被害が激増 - 前年同期の約40倍に
スルガ銀のフィッシングに注意う- 本人確認を求める手口
SIA、「ファクトチェックセンター」を設置 - 真偽検証して情報配信
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処
「GMOクリック証券」を装ったフィッシングに注意
「Security Days Fall 2022」を10月にリアル開催 - 配信なし