Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

小樽信金、ファックスの誤送信事故1件を公表

小樽信用金庫は、6月6日に個人情報を含んだ書類をファックス送信する際、誤送信が発生したと発表した。

誤って送信したのは、カードローンに関する書類1件で、氏名や住所、生年月日のほか、契約内容なども含まれていたという。同庫では、顧客と誤送信先に対して謝罪。また、ファックスは、誤送付先でシュレッダー処理が行われ、二次流出のおそれはないとしている。

(Security NEXT - 2006/06/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

政治資金収支報告書の領収書写しを紛失 - 大阪府選管
メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性
火災調査関連の個人情報含むHDDを紛失 - 弘前地区消防事務組合
被保険者や求職者情報含むバックアップ媒体を紛失 - 厚労省
「Google Play」の一部公開アプリが固有ID情報を取得 - Palo Altoが指摘
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
商品の入荷を通知するメールで誤送信 - 化粧品メーカー
Windows Server向け製品に新版、ネットワーク脅威対策を強化 - カスペ
公開情報からネット接続機器を検出、脆弱性を診断するサービス
展示会の案内でメアド流出 - 中部経済新聞社