Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本通信、ポートスキャンを防止する小型IPSを発売

日本通信は、米Arxceo製のネットワーク不正侵入防御システム「Ally ip100」を発売する。価格はオープンプライスで、同社オンラインショップ価格は18万円。

同製品は、低価格を実現した小型IPS。最大ネットワーク速度が100Mbpsとなるが、ネットワーク速度以外は上記機種と同様の機能を搭載したという。

同製品では、攻撃者のポートスキャニングを阻止する「アンチ・ポートスキャニング」技術を搭載。ルータとPCの間に接続するだけで利用でき、不正アクセスをリアルタイムに防御できる。DoS攻撃などについても、独自のTag-UR-ITテクノロジによりサーバに負担をかけずアクセスを遮断できる。

(Security NEXT - 2006/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「VMware vCenter Server」や「ESXi」に脆弱性 - アップデートをリリース
楽モバの通信障害、ソフトに不具合 - 緊急対応判断に時間要し長期化
「Apache HTTP Server」のゼロデイ脆弱性、国内でも攻撃を観測
わずか3日、「Apache HTTPD」が再修正 - 前回修正は不十分、RCEのおそれも
Citrix、脆弱性問題で無償の侵害調査ツール公開 - FireEyeと共同開発
米政府、中国関与のサイバー攻撃者が悪用する脆弱性のリストを公開 - 国内製品も
メール送信ミスが発生、謝罪メールでも - 中央書店
顧客情報記載の書類を紛失、誤廃棄の可能性 - 島田掛川信金
新型コロナ配食サービスで伝票重ね貼り、別人の個人情報 - 岡崎市
サイバー攻撃で公式アプリ会員のメアドなど流出 - 食肉小売チェーン