Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本通信、ポートスキャンを防止する小型IPSを発売

日本通信は、米Arxceo製のネットワーク不正侵入防御システム「Ally ip100」を発売する。価格はオープンプライスで、同社オンラインショップ価格は18万円。

同製品は、低価格を実現した小型IPS。最大ネットワーク速度が100Mbpsとなるが、ネットワーク速度以外は上記機種と同様の機能を搭載したという。

同製品では、攻撃者のポートスキャニングを阻止する「アンチ・ポートスキャニング」技術を搭載。ルータとPCの間に接続するだけで利用でき、不正アクセスをリアルタイムに防御できる。DoS攻撃などについても、独自のTag-UR-ITテクノロジによりサーバに負担をかけずアクセスを遮断できる。

(Security NEXT - 2006/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

デバイス紛失にサポートする「ビジネス端末レスキュー」 - NTTドコモ
名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
患者情報約15万件含むUSBメモリを紛失 - 昭和大学病院
アーカイブファイル扱うPEARライブラリに脆弱性 - 「Drupal」も影響
さよなら「Adobe Flash Player」 - 年末でサポート終了
「CentOS 6」がサポート終了 - 影響多大、動作環境ないか確認を
2020年度上半期、個情委への個人情報漏洩報告は481件
「羽生結弦カレンダー」通販サイトに不正アクセス - 詳細調査中
政治資金収支報告書の領収書写しを紛失 - 大阪府選管
メールセキュ製品「InterScan Messaging Security」に複数の脆弱性