Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三井物産、IDベースで発信元を特定するIPSシステムを発売

三井物産は、米Lancopeのネットワーク上の不正を検知し、防御するシステム「Lancope StealthWatchシリーズ」を同社子会社である物産ネットワークスを通じて発売する。

同製品は、NBA技術を活用した製品で、企業ネットワーク全体のトラフィックをリアルタイムに監視。DoS攻撃をはじめ、ウイルスや不正プログラム、その他の不正利用などをリアルタイムに検知し、防御する。

また、同社が扱う米A10 Networksの「StealthWatch ID-1000」を合わせて導入することで、ユーザーIDによる発信元の特定を実現する。

(Security NEXT - 2006/06/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

AWSのセキュリティ設定を網羅的に診断するサービス - NTT-AT
労働力調査の対象世帯リストを一時紛失 - 奈良県
顧客情報記載した書類の紛失や誤廃棄が判明 - めぶきカード
統計調査員が調査名簿を一時紛失 - 京田辺市
PHPテンプレートエンジン「Twig」に脆弱性 - 「Drupal」にも影響
「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
問合フォームより入力された顧客情報が閲覧可能に - 休暇のプランニングサービス
電子マネー「BitCash」の利用者狙うフィッシング - 「残高凍結」と不安煽る
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い