Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バーテックスリンク、URLフィルタリングサーバ「SmartFilter v4.1」を発売

バーテックスリンクは、米Secure ComputingのURLフィルタリングサーバ「SmartFilter v4.1」を発売した。

今回のバージョンアップでは、11種類のアクセス禁止カテゴリが追加となり、フィッシングやスパム、P2Pなど、合計73のカテゴリに対するアクセス制限が可能。また、導入時の負担軽減のため、6種類のデフォルトポリシーが用意されている。

また、パスワードにより一定時間のアクセスを許可できるほか、管理者にポリシー見直しを要望する機能なども追加されている。

(Security NEXT - 2006/05/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み
「OCカード」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生
「EC-CUBE」の無償診断サービスが緊急脆弱性に対応 - 痕跡調査も
ジオコードの企業サイトが改ざん被害 - 顧客情報流出は否定
配送伝票に他人の氏名、作業工程でデータにずれ - B.LEAGUE
「Citrix Workspace App」に権限昇格の脆弱性 - アップデートを公開
Adobe、13製品向けにセキュリティアップデートを公開
「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性
「Adobe Experience Manager」に6件の脆弱性 - 修正版が公開
eコマースプラットフォーム「Magento」にセキュリティアップデート