Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Yahoo!メール、送信元を証明するマーク表示でフィッシング対策

ヤフーは、「Yahoo!メール」におけるフィッシング詐欺対策を強化した。

今回の措置は、「Yahoo!オークション」の落札通知や評価通知といった自動通知メールがYahoo! JAPANより送信された際、ウェブ上の受信メール一覧画面に紫色の「Y!」マークが表示されるというもの。Yahoo! JAPANを装ったメールには表示されないため、情報詐取を目的としたフィッシングメールとの判別が容易になるという。

今後は、自動通知メール以外の各サービスへの対応も予定している。なお、他のアドレスで受信した後に転送された場合や、メールソフトで確認する場合にはマークが表示されないため、同社ではウェブ版の利用を勧めている。

(Security NEXT - 2006/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Apache DolphinScheduler」にコードインジェクションの脆弱性
10月は9月同様の大規模DDoS攻撃は観測されず - IIJ調査
ゼロデイ脆弱性に対処した「Microsoft Edge」がリリース
Go向けSAMLライブラリに深刻な脆弱性 - アップデートが公開
修学旅行のテーマパーク内で県立高の生徒情報を紛失 - 埼玉県
市主催イベントの申込者宛メールで誤送信 - 三原市
「VMware Tools for Windows」に脆弱性 - 重要度は「低」
「偽OCN」の請求メールに注意 - 目立つISP装うフィッシング
他人のクレカ情報で商品購入 - 井原市職員を逮捕
サーバにサイバー攻撃 - 山形県の農業機器メーカー