Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

四国電力、火力発電所の教育資料などがWinny流出

四国電力社員の私用パソコンにウイルスが感染し、火力発電所の運転操作に関する教育資料や研修に関するデータがWinnyネットワーク上に流出したことがわかった。

同社によれば、同社員が勤務する西条発電所の運転操作に関する新入社員用教育資料や、研修時のレポートなどの流出が確認されたという。発電所の機微情報や個人情報などは含まれていないとしている。

(Security NEXT - 2006/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ID管理製品「Atlassian Crowd」に深刻な脆弱性
コロナ発生届を誤送信、FAX番号登録ミスで - 菊川市立総合病院
オープンソースの検索エンジン「OpenSearch」に脆弱性
米政府、ソフトウェアサプライチェーン保護のガイダンスを公開
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
ファイル転送サービス「Kozutumi」を提供開始 - ハートビーツ
組織の決裁なしに公文書施行、職員を懲戒免職 - 群馬県
シングルページアプリの脆弱性診断サービスを開始 - Flatt Security
セキュ人材採用、日本は実務経験を重視 - キャリアパス提供は他国の半数以下