Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

危険回避方法は利用停止のみ - Winnyに脆弱性

情報処理推進機構(IPA)は、ファイル交換ソフトWinnyに脆弱性があると発表した。脆弱性を攻撃された場合、コンピュータが異常終了したり、第三者に乗っ取られる可能性がある。

ファイル交換ソフトのWinnyは、暴露ウイルスなどに感染した場合、情報漏洩の原因になるとして、政府やセキュリティベンダーなどが警告を発していたが、今回発見された問題はWinnyそのもの脆弱性で、通信処理においてバッファオーバーフローの可能性があるという。

今回の脆弱性に対して開発者は回避方法を明らかにしていないため、同機構では、今回の脆弱性を防ぐ方法は「利用の中止」であるとして注意を促している。

削除にあたっては、自分のアカウントだけでなく、ユーザーごとに作業を行うようアナウンスしているほか、セキュリティベンダーが公開している対策ツールを紹介している。

JVN#74294680:「Winny」におけるバッファオーバーフローの脆弱性
http://www.ipa.go.jp/security/vuln/documents/2006/JVN_74294680_winny.html

情報処理推進機構
http://www.ipa.go.jp/

(Security NEXT - 2006/04/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

避難行動要支援者台帳に別人の個人情報 - 鹿島市
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
再委託先で2度にわたりメール送信ミス - 新潟県
国家資格「登録セキスペ」の問題作成者を募集 - IPA
「小児医療情報収集システム」に不正アクセス - 国立成育医療研究センター
ウェブアプリ脆弱性診断ツールにSSRF検査機能追加 - ビットフォレスト
特権ID管理ソリューションに新版 - ログ改ざん検知機能を追加
SAP、1月の月例パッチをリリース - 深刻な脆弱性へ対処
緊急事態宣言にともなうキャンセルメールで誤送信 - NEXCO東日本
新型コロナ陽性者の情報流出で対応窓口設置 - 福岡県