Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

主催スノーボード大会出場選手の個人情報を紛失 - ヒューマンアカデミー

教育事業を展開するヒューマンアカデミーは、同社主催スノーボード選手権にエントリーした選手の個人情報705件を紛失したと発表した。

ヒューマンカップ事務局の社員が4月2日未明、帰宅途中にパソコン紛失したもので、3月に開催されたスノーボード選手権「ヒューマンカップVI」のエントリー選手の情報705件が保存されていた。同社では警察へ紛失を届けたという。

今後同社では、個人情報の持ち出しを基本的に禁止し、持ち出しの際は上長の許可を必要にするなど、管理体制を強化するほか、全社員を対象とした教育を実施するとしている。

(Security NEXT - 2006/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応