Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

滋賀県が職員送信メールを監視 - 所属長が毎日チェック

滋賀県は、同県庁職員の送信メールについて監視強化を実施すると発表した。

同庁以外に送信する場合、同内容のメールが所属長へ自動的に送信され、所属長が毎日チェックを実施する。また、送受信した内容を一定期間保存し、事件発生時などに証拠として利用するとしている。

また同県では、現状事務端末にアクセス権限などが設けられていない点については、2006年度中に認証システムを導入し、利用記録などを記録するよう改善するとしている。

(Security NEXT - 2006/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Apple、「iOS 17.5」などスマートデバイス向けにアップデートを公開
セガ子会社のメールアカウントの侵害、 あらたに3件判明
サーバ管理ソフトウェア「Froxlor」にXSS脆弱性 - 乗っ取りのおそれ
個人情報含む社内向けテストメールを外部へ誤送信 - M&Aクラウド
自宅で業務のため持ち出したUSBメモリを紛失 - 静岡県
ECサイトで個人情報流出、クレカ不正利用の可能性 - 松井酒造
CrowdStrike、「Microsoft Defender」との併用製品を投入 - 「破格の料金」と自信
MS 365アカウントに不正アクセス、個人情報流出の可能性 - セガ子会社
「macOS」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正した。
米当局、「Chromium」の脆弱性悪用に警鐘 - 派生ブラウザでも注意を