Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

滋賀県が職員送信メールを監視 - 所属長が毎日チェック

滋賀県は、同県庁職員の送信メールについて監視強化を実施すると発表した。

同庁以外に送信する場合、同内容のメールが所属長へ自動的に送信され、所属長が毎日チェックを実施する。また、送受信した内容を一定期間保存し、事件発生時などに証拠として利用するとしている。

また同県では、現状事務端末にアクセス権限などが設けられていない点については、2006年度中に認証システムを導入し、利用記録などを記録するよう改善するとしている。

(Security NEXT - 2006/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
メール誤送信でファンクラブ会員のメアド流出 - 奈良クラブ
問合返信メールに個人情報を誤添付 - FX事業者
2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
2020年4Qの脆弱性届け出は303件 - ソフト、サイトともに増
キャンペーン登録者の個人情報が閲覧できる状態に - カゴメ
従業員が顧客情報を悪用、カードローンに申込 - DeNA
カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII