Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

横浜銀行の現金強奪事件 - 個人情報記載書類も奪われる

横浜銀行は、3月30日に発生した営業車両襲撃による現金強奪事件で、現金や個人情報が記載された「自動車取得税」納付書控え1229件などを合わせて奪われた。

同事件は、現金や小切手など合計1億2971万6398 円を支所から同行中山支店へ持ち帰る途中、横浜市都筑区で車ごと強奪されたもの。

同行によれば、現金類と合わせて3月30日に自動車税管理事務所横浜支所で手続きされた「自動車取得税」納付書の銀行控え1229件、および「自動車税」納付書の銀行控え30件も持ち去られた。いずれも納付者の氏名、自動車登録番号、納付金額など個人情報が記載されている。また事務書類の一部も奪われており、詳細を調査している。

このうち、自動車税納付書は管理事務所側の控えも盗まれているため、一部納付者の特定が困難になっており、心当たりのある者は自ら申し出るよう求めている。

同行では該当する関係者に対して、連絡先が特定できた者から順次事情説明を行うという。

(Security NEXT - 2006/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応
SaaS型セキュ対策が活況 - アプライアンスは需要後退
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
東京女子大ウェブショップで個人情報流出の可能性