Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

マンションの管理人室が荒らされ、入居者情報など盗まれる

東急コミュニティーは、受託管理しているマンションの入居者情報を含む書類が盗まれたと発表した。

2月21日に神奈川県内で、同社が管理業務を請け負っているマンションの管理室が空き巣被害にあったもの。管理人が出勤した際、被害に気が付いた。

個人情報を含んだ書類や備品などが持ち去られており、同マンションの入居者28世帯分の情報が記載された名簿などが含まれる。書類には、氏名や部屋番号、自宅や勤務先などの電話番号などが記載されていた。

同社では、警察へ被害を提出。入居者を訪問し、書面を用いて事情を説明したという。

(Security NEXT - 2006/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュリティ情報分析基盤「CURE」、自然言語による情報の関連付けにも対応 - NICT
協力会社で「Emotet」感染か、なりすましメール出回る - 大多喜ガス
不正アクセスで不正出金、アカウント情報の流出は否定 - GMOクリック証券
外部から不正侵入の痕跡、詳細は調査中 - 原子力規制委員会
監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み
親族名乗る第三者に恩給受給者の住所を漏洩 - 総務省
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
テンプレメールのBCCに無関係メアド、顧客情報が流出 - ルクールプラス
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応