Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

不正アクセスで試験申請者情報が流出の可能性 - 日本データ通信協会

日本データ通信協会は、メールサーバが不正アクセスを受け、工事担当者試験への申込者742名の個人情報が流出した可能性があると発表した。

流出の可能性があるのは、2006年度第1回工事担任者試験にインターネットを介して申し込んだ742名の個人情報。3月3日に判明し、その後ただちにメールサーバのセキュリティ管理情報を変更するなど、再発防止策を講じた。

今後も、警察と連携して引き続き調査を続行するという。また、該当する関係者には書面を送って謝罪した。

(Security NEXT - 2006/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Mozilla、ブラウザの最新版「Firefox 126」を公開
Zoom、セキュリティアドバイザリ2件を公開 - 最新版へ更新を
5月のMS月例パッチが公開 - 複数のゼロデイ脆弱性を修正
「MS Edge」のアップデートが公開 - スクリプトエンジンのゼロデイ脆弱性を解消
Adobe、複数製品にアップデートを公開 - 8製品に「クリティカル」脆弱性
Fortinetの「FortiOS」に複数脆弱性 - 重要度は「中」
「Adobe Acrobat/Reader」にアップデート - 脆弱性12件を修正
「VMware Workstation」「同Fusion」に脆弱性 - 「クリティカル」も
Apple、「iOS 17.5」などスマートデバイス向けにアップデートを公開
セガ子会社のメールアカウントの侵害、 あらたに3件判明