Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

自衛隊からWinny流出、3433名がダウンロード - 民間調査

2月に発覚した海上自衛隊の情報流出事件で、3月2日までに3433名がWinnyから同情報をダウンロードしていたことがネットエージェントの調査によりわかった。

今回の調査は、同社独自のWinny検知システムを使用して、Winnyネットワーク上に流出した秘密情報のダウンロード数を調査し、その結果を「発見所有者数」グラフとして公開したもの。

同結果によれば、2月22日の報道発表を境に、発見所有者数である「ノード数」は激増。発表翌日の23日には627名、24日には1188名に達したという。その後は収束する傾向にあるものの、3月2日までに延べ3433名がダウンロードしたとしている。

(Security NEXT - 2006/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か
従業員が契約者のポイントを不正利用 - 日本生命
外出自粛期間、子どもの6割がアダルトコンテンツに遭遇
講習受講者情報がネット上で閲覧可能に - 電気工事技術講習センター
健康美容商品の卸売販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も