Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Winnyによる流出事故が多発 - トレンドマイクロウイルス感染被害レポート

トレンドマイクロは、2006年2月のウイルス感染被害レポートを発表した。

同社によれば、2月の報告数は6188件で先月から減少したものの、報告数の上位は依然としてスパイウェアが占めている。1位は先月から引き続きスパイウェア「GATOR」で、2位以下を大きく引き離している。これまで被害の中心だった大量メール送信型のワームは減少傾向にあり、今後も大規模感染の可能性はますます低くなるとしている。

また2月は、ファイル共有ソフトを使用しているパソコンからの情報流出が相次いで発生した。ウイルス「ANTINNY」は、当初は自身のコピーを配布するだけだったが、ネットワーク上にパソコン内の情報を流出させる「ANTINNY.G」が2004年3月に登場してからは、特に被害が深刻化しているという。

(Security NEXT - 2006/03/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

従業員が契約者のポイントを不正利用 - 日本生命
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
外出自粛期間、子どもの6割がアダルトコンテンツに遭遇
講習受講者情報がネット上で閲覧可能に - 電気工事技術講習センター
健康美容商品の卸売販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
「Cisco Application Services Engine」などに深刻な脆弱性