Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTT東日本、送信ミスによりメールアドレス579件を流出

NTT東日本は、2月8日に取引先への連絡メールを送信する際、誤って送信先のアドレス579件が閲覧できる状態で送信したと発表した。

同社によれば、誤送信が発生したのは、同社と相互接続を行っている事業者の担当者に送った連絡メール。他の受信者のアドレスが表示されない「BCC」で送るべきものを、誤って表示される形式で送ったため、579件のアドレスが閲覧できる状態になったという。

同社では、該当する担当者に対し説明と謝罪のメールを送るとともに、誤送信されたメールの削除を依頼した。さらに個別に連絡を取るとしている。今後は再発防止に向け、メールの適正管理を徹底するとしている。

(Security NEXT - 2006/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

A10、DDoS対策アプライアンスに上位モデル - 380Gbpsのスクラビングに対応
「QVR」が稼働するQNAP製NASにRCEの脆弱性が判明
2021年3Qはインシデントが約25.9%増 - 「サイト改ざん」が倍増
「ちばシティポイント」参加者のアカウント情報などが外部流出の可能性 - 千葉市
SAP、月例パッチ13件をリリース - 重要度がもっとも高い「HotNews」は2件
SIEMによる従業員の異常行動分析を支援 - ALSI
講演案内メールでメアド流出、7回送信 - 照明学会
富士通とトレンド、コネクテッドカーのセキュリティ対策で協業
北海道銀、副業で従業員2名を懲戒解雇 - 顧客情報の不正利用は否定
Adobe、複数製品にセキュリティ更新 - CVSS基本値「9.8」の脆弱性も