Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

刑務所の入所者情報がWinny上に流出 - 1万件以上か

刑務所の受刑者情報の一部などがWinnyネットワーク上へ流出したことが明らかになった。

今回の事件は、刑務官が所有するパソコンにウイルスが感染、Winny上へファイルが流出したもの。漏洩した情報は、滋賀刑務所や福岡拘置所などに収容されている受刑者の個人情報などで、1万件以上に上るとみられている。

詳しい漏洩件数や情報の入出経路などは明らかになっておらず、法務省では現在も調査を進めているという。

(Security NEXT - 2006/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報含む調査票の誤送付が2件判明 - 国交省
富士電機製の制御システム関連製品に複数の脆弱性
富士電機の「V-Server Lite」に脆弱性 - アップデートが公開
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
イベント来場者管理サービス、大量アクセスで個人情報を誤表示
Apple、「iOS」のアップデートを公開 - 旧版ではゼロデイ脆弱性に対応
2021年3Qの情報提供は346件、標的型攻撃は3件 - J-CSIP
三菱電機にサイバー攻撃 - 子会社複数顧客の関連データが流出
広く活用されるnpmパッケージ「UAParser.js」にマルウェア混入
複数言語向けの「HTMサニタイザ」に脆弱性 - XSSのおそれ