Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

刑務所の入所者情報がWinny上に流出 - 1万件以上か

刑務所の受刑者情報の一部などがWinnyネットワーク上へ流出したことが明らかになった。

今回の事件は、刑務官が所有するパソコンにウイルスが感染、Winny上へファイルが流出したもの。漏洩した情報は、滋賀刑務所や福岡拘置所などに収容されている受刑者の個人情報などで、1万件以上に上るとみられている。

詳しい漏洩件数や情報の入出経路などは明らかになっておらず、法務省では現在も調査を進めているという。

(Security NEXT - 2006/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アクセス制御ミス、スタッフ一覧が閲覧可能に - 京都芸術センター
問合フォームに不備、第三者が個人情報にアクセス - イオン
認証システムの個人情報が外部閲覧可能に - 京大
ネットワーク管理製品「Aruba AirWave Glass」に複数の深刻な脆弱性
「PAN-OS」に情報漏洩など複数脆弱性が判明
「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を
新コロ感染者情報、職員個人メアド宛の送信でミス - 和歌山市
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
植物園サイトに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 藤沢市
Drupalにアップデート、ライブラリの脆弱性へ対処