Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

業務委託先が顧客情報を盗難被害に - リクルートコスモス関連会社

コスモスライフは、同社が管理する藤沢市内のマンション入居者情報を記載した資料を1月28日に盗まれた。

同マンションの販売会社であるリクルートコスモスによれば、関連会社であるコスモスライフが定期点検補修を依頼している木内建設の従業員が相模鉄道線の海老名駅において鞄ごと書類を盗まれたもの。15世帯分の顧客情報が含まれ、氏名、電話番号のほか、マンション名、部屋番号、補修内容、受領日といった個人情報が記載されていた。

同従業員が警察へ被害を届けると同時に、該当する顧客に対して謝罪した。さらに監督官庁である国土交通省へ事故を報告したという。

リクルートコスモスグループでは、業務委託先に対して厳重に注意し、再発防止に向け指導していくとしている。

(Security NEXT - 2006/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サプライチェーンのセキュリティ評価サービス - NRIセキュア
法人向けエンドポイント製品にサービス拒否の脆弱性 - トレンド
タピオカ通販サイト、流出クレカ情報が不正利用された可能性
スズキ海外子会社にサイバー攻撃、工場が一時操業停止
広く活用されるnpmパッケージ「UAParser.js」にマルウェア混入
脆弱性を修正した「PHP 7.4.25」がリリース
オープンソースのフォーラムソフト「Discourse」に深刻な脆弱性
三菱電機にサイバー攻撃 - 子会社複数顧客の関連データが流出
日産証券、不正アクセス受けた取引システムを廃止 - 一部代替システムへ
「PHP 8.0.12」がリリース、権限昇格の脆弱性など修正