Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

広島ガス、顧客情報記載の領収書控えを紛失

広島ガスは、1月26日に同社の営業部社員が移動中、領収書控え7件分を紛失したと発表した。

所在不明となっている領収書控えには、顧客の氏名、住所、領収日、領収金額、件名などが記載されていた。顧客宅を訪問した後の移動中に紛失したと見られている。同社では、紛失した情報が悪用された事実は確認されていないとしながらも、同社との取引の際は同社発行の身分証明証を確認するよう求めている。

紛失判明後に移動経路を捜索したが発見されず、同社では、翌日警察に届け出た。また該当する顧客に対し個別に訪問して謝罪している。さらに同社では、全社員に対し社内規定の遵守を指導したという。

(Security NEXT - 2006/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市