Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティを強化し、ワコールオンラインショップが再開

ワコールは、同社オンラインショップ「ワコールオンラインショップ」を2月8日より再開する。

同社は、不正アクセスの被害を受け、個人情報が流出したことから、2005年11月17日よりオンラインショップの提供を停止。その後、原因究明などを進めてきたが、セキュリティ強化の実施や第三者のセキュリティ診断を受け、安全性を確認できたことからサービスを再開すると発表した。

今回、セキュリティ強化策として、同社では最新のファイアウォールを導入し、さらにIDSを設置。またウェブアプリケーションのチェック機能の強化などを図ったという。

また、個人情報の保有期間短縮や外部セキュリティベンダーの監査を導入するほか、社内に情報セキュリティの専門部署を新設した。業務委託先がNECネクサソリューションズからNECへ変更されている。

同社では、「セキュリティ対策により再発を防止し、信頼の回復に努めたい」としている。

(Security NEXT - 2006/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、APT攻撃や制御システムの脅威情報サービス - 個別調査も対応
2020年4Qの脆弱性登録は1423件 - 前年同期の3分の1
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加