Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

京橋通郵便局の顧客リスト、ウイルス感染によりネット上に流出

京橋通郵便局の顧客情報が、銚子郵便局職員の私用パソコンのウイルス感染によりWinnyネットワーク上に流出したことが明らかになった。

日本郵政公社関東支社によれば、流出したのは京橋通郵便局の顧客リスト378件、および同局取り扱いの書留郵便物受領証リスト2460件で、顧客の氏名、住所、電話番号などが記載されている。また、銚子郵便局の貯金業務情報2件も含まれる。

原因は、同職員は2005年9月ごろに顧客情報が保存されたパソコンからファイル交換ソフト「Winny」へアクセスしたためと見られ、1月27日に流出が明らかとなった。

同社では該当する顧客に対し謝罪と事実説明を行っている。また再発防止に向け、各郵便局に顧客情報の管理徹底を指導するとしている。

(Security NEXT - 2006/02/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII
Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
柿安本店の公式通販サイトに不正アクセス
「Emotet」相談、引き続き高い水準 - 偽脅迫メールは増加
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市