Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

更新期間が2年間のウイルス対策ソフトが登場

イーフロンティアは、統合セキュリティソフト「ウイルスキラー2006」を3月3日に発売する。スリムパッケージ版も用意されており、いずれも1980円。「ウイルスキラー2006 2ユーザーパック」も用意されている。

同製品は、ウイルスやスパイウェア対策のほか、不正アクセスやフィッシング詐欺などにも対応する統合セキュリティソフト。独自の推論検知システムを搭載しており、未知、亜種のウイルスにも対応するという。また、悪意のあるプラグインのインストールやスクリプトの実行を防止するほか、閲覧しているページの危険度などの表示も可能。

最新版となる「ウイルスキラー2006」では、サポート期間が2年間となっており、期間内は定義ファイルの更新だけでなく、次期バージョンが発売された場合も無料でバージョンアップすることができる。

(Security NEXT - 2006/02/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報含む調査票の誤送付が2件判明 - 国交省
富士電機製の制御システム関連製品に複数の脆弱性
富士電機の「V-Server Lite」に脆弱性 - アップデートが公開
「Box」がマルウェア対策を強化 - 機械学習ベースの検知に対応
イベント来場者管理サービス、大量アクセスで個人情報を誤表示
Apple、「iOS」のアップデートを公開 - 旧版ではゼロデイ脆弱性に対応
2021年3Qの情報提供は346件、標的型攻撃は3件 - J-CSIP
三菱電機にサイバー攻撃 - 子会社複数顧客の関連データが流出
広く活用されるnpmパッケージ「UAParser.js」にマルウェア混入
複数言語向けの「HTMサニタイザ」に脆弱性 - XSSのおそれ