Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

筑波大、付属病院患者41名の診療情報がネット上に流出

筑波大学は、学生のパソコンがウイルスに感染し、臨床実習のレポート作成用として保存していた患者情報が、インターネット上に流出していたと発表した。

同大学によれば、流出が判明したのは同大学付属病院の患者41名分の診療情報をまとめた資料。そのうち氏名が含まれたものが20名、イニシャルが含まれたものが5名、匿名のものが16名となっている。2005年10月ごろウイルスに感染し、2006年1月18日まで閲覧可能な状態だったという。

流出の対象となった患者に対しては、事実説明と謝罪をする。また、臨床実習における守秘義務の徹底が不十分であったとして、患者情報の取り扱いに関するルールの再点検、パソコンのセキュリティ対策の強化、および学生への教育の徹底といった再発防止策を実施するとしている。

(Security NEXT - 2006/01/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
問合フォームより入力された顧客情報が閲覧可能に - 休暇のプランニングサービス
電子マネー「BitCash」の利用者狙うフィッシング - 「残高凍結」と不安煽る
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
特定条件で他利用者の個人情報が閲覧可能に - トレカ通販サイト
教諭が試験問題を生徒に漏洩 - 金沢市の私立中
OLAP対応データストアの「Apache Pinot」に脆弱性
IPA、ビジネスメール詐欺対策の特設ページを開設 - 啓発チラシなども用意
診療情報を記録したデジカメを紛失 - さいたま市民医療センター