Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MSが月例パッチを公開 - 「緊急」3件

マイクロソフトは、セキュリティ更新プログラムを公開した。今月6日に先行して公開されている「Graphics Rendering Engine脆弱性」を解消するパッチが公開されているが、脆弱性は同脆弱性を含め合計3件で、いずれもリモートでコードが実行される脆弱性であり、深刻度は「緊急」となっている。

新たに公開された脆弱性は、「埋め込み Web フォントの脆弱性により、リモートでコードが実行される(MS06-002)」「 Microsoft Outlook および Microsoft Exchange の TNEF デコードの脆弱性により、リモートでコードが実行される (MS06-003」の2件。マイクロソフトでは更新プログラムをできるだけ早く適用するようアナウンスしている。

2006年1月のセキュリティ情報
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms06-jan.mspx

マイクロソフト
http://www.microsoft.com/japan/

(Security NEXT - 2006/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2021年上半期のサイバー犯罪検挙は5345件 - 高水準で推移
「macOS」向けにゼロデイ脆弱性を修正するアップデート
Apple、「iOS 14.8」「iPadOS 14.8」を公開 - 悪用報告ある脆弱性2件を修正
海外グループ会社のサーバが外部と不正通信 - オリンパス
「EC-CUBE」の一覧画面をカスタマイズするプラグインに脆弱性
画像処理ソフト「Ghostscript」にRCE脆弱性 - パッチの適用を
4割が親のインターネット利用に不安 - 詐欺メールに懸念
2021年上半期の不正送金は376件 - 半数以上がOTP利用も被害
LINEのQRコードログインに2要素認証バイパスの脆弱性 - 悪用被害も
東京都シルバーパス購入申込書を誤廃棄 - 小田急バス