Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

事務所荒らしで個人情報入りパソコンが盗まれる - セゾン自動車火災保険

セゾン自動車火災保険は、2005年12月16日未明に事務所荒らしに遭い、個人情報が保存されたパソコンを盗まれた。

埼玉南営業所のパソコン3台が盗まれたもので、パソコンには512名の顧客情報が保存されていた。含まれる個人情報は、氏名、住所、電話番号のほか、保険契約に関連する情報が含まれていたという。同社では、パソコンにはパスワードや暗号化処理が施していたとし、「流出の可能性は極めて低い」としている。

事務所は施錠されていたものの、事務所荒らしにあったもので、同社では警察へ被害を届けた。同社では関連する顧客に対して謝罪をしているという。

(Security NEXT - 2006/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

南相馬市、廃棄書類がトラックから飛散 - 対向車の職員が気づく
不審報告の3割が「悪意あるメール」 - 「リスク」高いフレーズも
2021年上半期のサイバー犯罪検挙は5345件 - 高水準で推移
「macOS」向けにゼロデイ脆弱性を修正するアップデート
Apple、「iOS 14.8」「iPadOS 14.8」を公開 - 悪用報告ある脆弱性2件を修正
海外グループ会社のサーバが外部と不正通信 - オリンパス
「EC-CUBE」の一覧画面をカスタマイズするプラグインに脆弱性
画像処理ソフト「Ghostscript」にRCE脆弱性 - パッチの適用を
4割が親のインターネット利用に不安 - 詐欺メールに懸念
2021年上半期の不正送金は376件 - 半数以上がOTP利用も被害