Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

熊本ファミリー銀行、FAX誤送信で顧客情報を流出

熊本ファミリー銀行は、2005年12月21日に、山鹿支店が扱った顧客の保証依頼書を保証会社へファックス送信する際、誤送信のミスがあったと発表した。

同行によれば、誤送信したのは保証会社への保証依頼書1件で、申込者本人と、その取引先59件の取引先名、住所、電話番号などが記載されていた。同月27日に保証会社へ保証結果の確認を行った際、不着となっていることが判明。原因は、ファックス番号の入力ミスだという。

誤送信先へ連絡を試みているが、連絡が取れない状況で、書類はまだ回収されていない。同行では、該当する顧客に対し謝罪をするとともに、書類の回収に努めるとしている。また対策ソフトの導入などを実施するとしている。

(Security NEXT - 2006/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

早急に「WebLogic Server」脆弱性の修正を - パッチ公開より1週間強で攻撃発生
個人情報含む会員カード申込書を紛失 - ジョイフーズ
小規模組織向けセキュリティ対策製品に新版 - カスペ
メール誤送信で職員採用試験応募者のメアド流出 - 愛媛県動物園協会
愛読者クラブの会員情報が流出の可能性 - 上毛新聞
2020年2Qのフィッシング攻撃は35%減、国内ホストは32件 - RSA調査
不正アクセス事件に便乗するフィッシング - クレカ利用履歴の確認要請を偽装
脆弱性「Zerologon」の悪用確認 - 侵害封じ込めが困難に、影響多大のため早急に対策を
MS、脆弱性「Zerologon」について再度注意喚起 - まずはパッチ適用を、対処FAQも更新
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」