Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

熊本ファミリー銀行、FAX誤送信で顧客情報を流出

熊本ファミリー銀行は、2005年12月21日に、山鹿支店が扱った顧客の保証依頼書を保証会社へファックス送信する際、誤送信のミスがあったと発表した。

同行によれば、誤送信したのは保証会社への保証依頼書1件で、申込者本人と、その取引先59件の取引先名、住所、電話番号などが記載されていた。同月27日に保証会社へ保証結果の確認を行った際、不着となっていることが判明。原因は、ファックス番号の入力ミスだという。

誤送信先へ連絡を試みているが、連絡が取れない状況で、書類はまだ回収されていない。同行では、該当する顧客に対し謝罪をするとともに、書類の回収に努めるとしている。また対策ソフトの導入などを実施するとしている。

(Security NEXT - 2006/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
メール誤送信で委託先担当者のメアド流出 - 東京都
かんぽ生命を装う偽メールやSMSに注意
「Apache Tomcat」のクラスタリング運用に注意 - 必要に応じて対策を
「EC-CUBE」向けプラグイン「簡単ブログ for EC-CUBE4」に脆弱性
トレンド製「スマートホームスキャナー」のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
説明会申込フォーム、他者情報が閲覧できる状態に - 大阪産業局
Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
一部Facebook連携で別人より個人情報が閲覧可能に - アート販売サイト
メール誤送信、住民のメールアドレスが流出 - 佐那河内村