Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中央三井信託銀行、3支店で約3万2000名の顧客情報を紛失

中央三井信託銀行は、新橋、京都、大宮の3支店において、合わせて3万1542名の顧客情報が記録されたマイクロフィルム8枚の紛失が判明したと発表した。

同行によれば、紛失が判明したのは内部管理資料が記録された「コムフィッシュ」と呼ばれるマイクロフィルム8枚。合わせて3万1542名分のカナ氏名、口座番号、取引金額、残高などの顧客情報が記録されていた。本部での集中管理に向けた移行作業の過程で、紛失が判明したという。

同資料は発見されていないが、同行では誤って廃棄した可能性が高いとしている。また、窓口を設けて問い合わせに応じるとともに、顧客情報の管理をこれまで以上に強化して再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュア開発が学べる無料オンラインコンテンツ - Linux Foundation
府立高校で1クラスの出席簿を紛失 - 大阪府
PC遠隔操作で顧客情報流出の可能性 - スズキディーラー
フィッシングURL、ピークの9月から2カ月で半減 - 「偽Amazon」が急増
スポーツ施設の工事委託先にサイバー攻撃 - 東京都
「Apache Camel」にLDAPインジェクションの脆弱性
「MS Edge」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を解消
フォーラムソフト「NodeBB」にアカウント乗っ取りが可能となる脆弱性
政府、アクセス制御製品の研究開発情報を募集
教委職員が個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 大阪市