Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CSKシステムズ、社員の個人PCがウイルス感染で顧客情報が流出

CSKシステムズは、従業員の私用パソコンがウイルスに感染し、法人顧客286社、528名分の顧客情報がWinnyネットワーク上に流出したと発表した。

同社によれば、流出したのは2003年に西日本地区で開催された、同社イベントの案内送付先リスト。名刺を元に作成されており、法人顧客286社、528名分の法人名、部署名、役職名、氏名、法人住所、法人電話番号、メールアドレスなどが含まれていた。

12月20日にホームページより匿名で指摘を受け発覚した。同社では、該当する顧客に対し事実説明と謝罪をするとしている。また、問い合わせ窓口を設置した。

(Security NEXT - 2005/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Google、「Chrome 103」をリリース - 重要度「「クリティカル」の脆弱性に対処
全住民情報を委託先が紛失、飲食後路上で眠り込みカバンなくす - 尼崎市
尼崎市全住民の個人情報入りUSBメモリ、カバンごと発見される
公開議事録の個人情報、墨塗りするも確認できる状態 - 東京都
ランサム被害の鳴門山上病院、通常診療を再開
メタバース空間のセキュリティ指針を検討 - メタバース推進協議会ら
イオンのDX戦略資料が流出 - コンサル会社が他社との会議資料に提供
独自の脆弱性修正含む「Microsoft Edge 103.0.1264.37」が公開
「FFRI yarai」に新版、悪意あるOfficeマクロへの対策を強化
「OpenSSL」にスクリプトインジェクションの脆弱性 - アップデートが公開