Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ワコールのデータ流出事件、あらたに367名の流出が判明

ワコールは、サーバへの不正アクセスによりオンラインショップの顧客情報が流出した事件で、11月24日時点であらたに367名の情報流出が判明したと発表した。

同事件は、同社がオンラインショップの運用業務を委託しているNECネクサソリューションズが管理するサーバにおいて不正アクセスが発生し、同ショップで商品を購入した顧客の個人情報が流出したというもの。11月19日に同社が公表した段階では、データが流出した顧客数は4757名だった。

その後、NECネクサソリューションズの親会社にあたるNECに依頼して流出データの調査を実施した結果、367名の情報流出があらたにわかった。さらに、117名についてはクレジットカード情報も含まれるとしている。同社では新たに判明した顧客への連絡作業を進めているという。

(Security NEXT - 2005/11/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教員2人を懲戒処分、個人情報目的外利用とパワハラで - 早大
JPCERT/CC、「ベストレポーター賞 2022」を発表
ランサム検知数が前年の約2.8倍に - カスペまとめ
4人に1人は機密性高いPDFファイルでもPWや権限を設定せず
Adobe、複数製品向けにアップデート - CVSS基本値「10」の脆弱性も
深層学習プラットフォーム「PaddlePaddle」に深刻な脆弱性
セキュア開発が学べる無料オンラインコンテンツ - Linux Foundation
府立高校で1クラスの出席簿を紛失 - 大阪府
PC遠隔操作で顧客情報流出の可能性 - スズキディーラー
フィッシングURL、ピークの9月から2カ月で半減 - 「偽Amazon」が急増