Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

熊本大学医学部附属病院、学生が研究用に用いた患者情報を紛失

熊本大学医学部附属病院は、熊本大学医学部生が患者の情報を紛失したと発表した。

同大学医学部の学生が、臨床実習用に使用していた私用パソコンおよび資料を紛失したもの。10月21日に同大学内の学生用控え室に置き忘れ、翌22日に気が付いたという。

53名分の個人情報で、患者氏名や、性別、年齢、診療情報などが記録されていた。パソコンにはパスワードなどは設定されていなかったという。学生は、24日に同大学へ報告、25日に警察へ遺失届けを提出した。

大学では、他学生に配布している同種の教育資料を回収し、今後、患者名簿や個人情報を含んだ診療情報の配布を中止。また、実習レポートへ個人情報を含めないよう指導するという。

(Security NEXT - 2005/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「VMware Tools for Windows」に脆弱性 - 重要度は「低」
「偽OCN」の請求メールに注意 - 目立つISP装うフィッシング
他人のクレカ情報で商品購入 - 井原市職員を逮捕
サーバにサイバー攻撃 - 山形県の農業機器メーカー
W杯関係者を狙うサイバー攻撃、10月より大幅増加
Google、ブラウザ最新版「Chrome 108」をリリース - 複数脆弱性を修正
「Chrome」にセキュリティアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
栄養士採用試験の全申込者受験票を1人に誤交付 - 大阪市
取引先の担当者情報含むファイルを誤送信 - リクルート
庁内資料を持ち出して店舗で誤廃棄、職員を処分 - 川崎市