Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報が記載された公金の領収書を紛失 - 沖縄労金

沖縄県労働金庫は、10月12日に顧客情報の紛失が判明したと発表した。

同庫によれば、返却された自治体へ納付する公金の「領収済通知書」5通が所在不明になっていることを取りまとめている同庫具志川支店の職員が気付いたという。同書類には、氏名、住所、納付額などが記載されていた。また、1件には子供や子供の通う幼稚園名が記載されていた。同庫では調査を実施したが19日の時点で発見できていない。

同庫では、警察へ被害届けを提出。発覚同日および翌日にすべての顧客に対して今後の対策などについて事情を説明、謝罪した。

(Security NEXT - 2005/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS、5月の月例パッチで脆弱性55件を修正 - 3件が公開済み
「OCカード」の利用者狙うフィッシング攻撃が発生
「EC-CUBE」の無償診断サービスが緊急脆弱性に対応 - 痕跡調査も
ジオコードの企業サイトが改ざん被害 - 顧客情報流出は否定
配送伝票に他人の氏名、作業工程でデータにずれ - B.LEAGUE
「Citrix Workspace App」に権限昇格の脆弱性 - アップデートを公開
Adobe、13製品向けにセキュリティアップデートを公開
「Adobe Experience Manager」に深刻な脆弱性
「Adobe Experience Manager」に6件の脆弱性 - 修正版が公開
eコマースプラットフォーム「Magento」にセキュリティアップデート