Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

三重県遺跡情報システムのサーバに不正アクセス - 博物館などのHPは一時閉鎖

三重県教育委員会は、三重県埋蔵文化財センターが運営する「三重県遺跡情報システム」のサーバが不正アクセスを受け、一時不正なページが表示されたと発表した。

10月15日に利用者から不正なウェブが表示されるとの指摘がメールで寄せられ、発覚したという。その後の調査の結果、同システムのパスワードが変更され、トップページに不正なウェブページを表示するための仕掛けが施されていたことが判明した。ホームページそのものの改ざんは確認されていないとしている。

現在、サーバはLANから隔離され、原因究明の調査が行われている。また警察による被害の捜査が行われる予定。調査が終了するまでは、同サーバを使用している県立博物館、県立美術館、斎宮歴史博物館および三重県埋蔵文化財センターのホームページは閉鎖されている。

(Security NEXT - 2005/10/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

バリオセキュア、11月に東証2部へ上場 - 新型コロナ影響の延期経て
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
2020年3Qは脆弱性届出が1.3倍に - ソフト、サイトいずれも増加
セキュリティ相談が1.8倍に - 「Emotet」関連や「不正ログイン」相談が急増
最新脅威やコロナ時代のセキュ課題など50以上のセッション - パロアルトがカンファレンスイベント
ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス
「ドコモ口座」の一部利用者に対して本人確認実施 - NTTドコモ
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
就職相談予約した学生情報が閲覧可能に - 九大
新潟県で偽国勢調査員による「かたり調査」が発生