Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

市場開発研究所、メール送信ミスでメールアドレスを流出

市場開発研究所は、モニター参加者へメールを送信する際、他のモニターのアドレスを表示した状態で送信したと発表した。

同社によれば、10月6日にアンケートのお知らせを送信する際、人為的ミスによりBCCで送付するべきところをCCで送信してしまったという。その結果、モニター354件のメールアドレスが流出した。同社では同日中に、該当するモニターに対し事実報告と謝罪のメールを送信した。

同社では、今後CC機能を利用せず、1通ずつ配信するシステムに変更するとともに、社員への指導と教育を徹底して再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/10/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信で顧客のメアド流出 - 環境試験機器メーカー
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも
アンケート回答が閲覧可能に - セラピスト向けセミナーサービス
2021年2Qのセキュ相談12%増 - 偽宅配業者SMS関連が大幅増
トレンドマイクロのエンドポイント製品に脆弱性 - すでに悪用も、早急に更新を
記者がUSBメモリ紛失、約10カ月後に発見され発覚 - 時事通信社
米英豪、悪用多い脆弱性トップ30件を公表 - 早急に修正を
「企業のプライバシーガバナンスガイドブック」が改定 - 事例を追加
物件情報メールを誤送信、メアド流出 - 山形大生協
VPN機器や端末などテレワーク環境のセキュリティを評価するサービス