Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

社会保険事務所が送付した書類が配送途中所在不明に

熊本東社会保険事務所は、事業主から受託した「平成17年度被保険者標準報酬月額算定基礎届」を社会保険労務士へ送付した際、所在不明となる事故が発生したと発表した。

同事務所によれば、8月8日に書類を宅配事業者を通して発送。しかし、8月31日になって同社労士からの問い合わせがあり、配送物が未着となっていることが判明した。所在が不明となっている書類は、26事業所、511名分の個人情報を含んでいるという。

宅配業者は、受付日の翌日9日に配送先を訪問。留守だったため、施錠されている郵便ポストへ投函したという。しかし、約款上は受領印が必要で、配送伝票に押印もなかった

同事務所では、今回の事故を受け、取り扱いの厳格化や配送業者への運送約款の徹底を申し入れた。

(Security NEXT - 2005/09/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
Forcepoint DLPにXXE脆弱性 - 複数製品に影響
開発言語「Go」に複数の脆弱性 - アップデートで修正
新型コロナ陽性者宛の診断結果メールで誤送信 - 岡山県
保健所職員が結核健診名簿をATMに置き忘れ - 大阪市
Gポイントに不正ログイン - ポイント不正交換も
トヨタ子会社のバッテリーメーカーでサイトの改ざん被害
LINEのURLプレビュー機能に不具合 - 限定公開URLが漏洩したおそれも
「Apache Calcite」の一部演算子処理に深刻な脆弱性
Sophos製ファイアウォールに深刻な脆弱性 - すでにゼロデイ攻撃も