Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リコー、電子文書の印刷や閲覧を制御するシステムを発売

リコーは、セキュリティポリシーに従って電子文書の閲覧や印刷を制御するセキュリティシステム「Ridoc Policy Base V1」を、2005年9月13日より発売する。

同システムは、「極秘」「秘」「社外秘」など、情報の機密レベルに応じて電子文書の閲覧や印刷の制御を行うもの。「管理職」「一般社員」「派遣社員」といった、ユーザー階層に応じたセキュリティ設定を自動で行うことができる。

セキュアPDFファイルを閲覧および印刷する際は、文書へのアクセスルールが登録されたPolicy Baseサーバに問い合わせて制御が行われるため、万が一ファイルが流出しても、情報の漏洩を防ぐことができる。価格は、30クライアントライセンス付きで36万7500円。

(Security NEXT - 2005/09/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

中学校で家庭環境票が所在不明 - 府中町
DRM実装の動画配信プラットフォームを提供 - エイガ・ドット・コム
フィッシング詐欺やスパイウェアに対応 - Norton最新シリーズ
ライムライト、CDNサービスによるコンテンツ保護サービスに新機能
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
ハイブリッドIT環境向けMSS、SOARを活用 - 富士通
新型コロナ宿泊療養者の個人情報を誤送信 - 山口県
顔認証サービスのパートナープログラムを提供 - パナソニック
ソリトン製ファイル転送アプライアンスに脆弱性 - 早急に対応を
標的型攻撃のレスキュー支援、2020年上半期は45件