Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

韓流セキュリティソフトの最新版「V3 ウイルスブロック 2006 インターネットセキュリティ」

インターチャネルは、コンシューマー向け総合セキュリティソフト「V3 ウイルスブロック 2006 インターネットセキュリティ」シリーズを10月7日より発売する。

同製品は、韓AhnLabが開発したセキュリティソフトウェアで、韓国市場においてセキュリティソフトシェア65%を占めるという。独自のセキュリティ技術「特定位置判別法」を採用。プログラムは軽量、省メモリ設計を実現している。

今回のバージョンアップでは、従来の「ウイルス駆除」「パーソナルファイアウォール」「個人情報保護」「迷惑メール対策」に加えて、暗号化と完全消去で重要データを守る「データ保護機能」やインターネット接続設定とメモリを最適化する「システム最適化機能」、新型ウイルスの情報をすばやく表示する「緊急ウイルス情報」といった新機能を盛り込んだ。

同社では、シングルユーザー向けの製品にくわえ、2ユーザーパック、5ユーザーパックのほか、今回の発売に合わせて、6月に発売したスパイウェア駆除専用ソフト「スパイゼロ 2006」とのセット製品「スパイゼロ & ウイルスブロック 安心セキュリティセット 2006」を用意した。

(Security NEXT - 2005/09/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
政府、脱「暗号化zipファイル」検討へ - 意見募集で最多支持
「JSAC 2021」はオンライン開催に - 参加登録の受付を開始
教諭が入試応募者データを紛失、無断で設定変更して複製 - 東京都
メール送信ミスで顧客メアド流出 - フード関連サービス事業者
「税金還付を受ける権利があります」 - 偽国税庁に注意
独自の認定資格「認定脆弱性診断士」をスタート - GSX
取引先担当者情報が利用アプリ上で閲覧可能に - 日本郵便
「ポケットカード」装うフィッシングに注意