Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

高島屋大阪店、201名分の顧客名簿など紛失

高島屋は、大阪店4階ベビー衣料品売場「コムサデモード フィュ子供服ショップ」において、個人情報が記載された「お得意様カード」201名分などの紛失が判明したと発表した。

同発表によれば、紛失したのは5月1日から7月6日までに同店で買い物をした顧客201名分の名前、住所、電話番号、購入商品名などが記載されたカード。また、最大30名分の「お取寄せ伝票控」、および最大10名分の「お直し伝票控」の紛失も判明している。同書類にも顧客の名前、住所、電話番号などが記載されていた。

同社では、専用の問い合わせ窓口を設置して該当する顧客に連絡を求めるとともに、情報管理体制を強化して再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2005/09/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

オンラインの「サイバーセキュリティトレーニング」を提供 - 日立
案内メールに他顧客の情報、リスト作成時にミス - モリサワ
ネットバンク利用者3割強が2要素認証を利用 - MMD調査
新潟ご当地グルメの通販ショップに不正アクセス
4郵便局で顧客情報含む書類の紛失が判明 - 日本郵便
カラオケアプリ開発元に不正アクセス - 会員個人情報が流出
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「Drupal」にRCE脆弱性 - アップロードされたファイルの確認も
エプソン製品のインストーラに脆弱性 - 最新版の利用を
ウェブゲートウェイサービスの不正サイト遮断機能を強化 - IIJ