Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットワーク侵入前にスパムを食い止めるアプライアンス - シマンテック

シマンテックは、スパムメールが企業などのネットワークへ到達する前に食い止めて、スパム全体の量を抑制するアプライアンス「Symantec Mail Security 8100シリーズ」を発表した。8月中に発売の予定。

同製品は、大企業やISPを対象としたアプライアンス。不要なメールがネットワークへ流れる前に、その量を激減させる。クライアント側でメールをチェックするフィルタではなく、ネットワークへ流れるメール全体の量を削減可能であり、1台のアプライアンスで最大75万件のユーザーアカウント、1日3500万通以上のメールを保護することができるという。

同製品を導入すると、送信元評価と統計データが自動的にダウンロードされ、アプライアンスは常に最新の状態に保たれる。また、管理者はブラウザを使ってアプライアンスを管理し、各種のパフォーマンス統計値をリアルタイムダッシュボードの形で一覧表示することができる。

(Security NEXT - 2005/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Salesforceセキュリティ診断サービス」を提供 - KCCS
新型コロナ関連の情報流出で職員処分、経緯は明らかにせず - 新宮市
職員個人SNSに依頼、顧客情報含む資料を外部提供 - 東北電気保安協会
Windows向け「Zscaler Client Connector」に権限昇格の脆弱性
メール誤送信、セミナー参加者のメアド流出 - 佐賀県
クラウド設定不備で個人情報に外部アクセス - イオン銀
「Firefox 86」が公開、Cookie対策強化 - 脆弱性12件を修正
複数病院の患者情報含むPCを紛失 - 千葉県
小売電気事業者向けにセキュ対策ガイドライン - 経産省
不正アクセスでデータ消去されるも情報流出の痕跡見つからず - 阪大