Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日仏文化協会、メール誤配信によりメールアドレスが流出

日仏文化協会は、8月12日に顧客へウェブサイトのリニューアルを知らせるメールを配信した際、操作ミスにより他の配信先も確認できる形で送付したと発表した。

メール配信先は1095名。16回にわけて送信しており、いずれも送信先メールアドレスが確認できる状態だったという。同社では、同報配信する場合はBCCにて送付するよう取り決めがあったが、不注意により宛先に入力してしまい、さらに上司が確認作業を怠ったため、発生したとしている。

同社では、メール受信者全員に対して謝罪メールを送付、メールを削除するよう依頼した。その後、メールや電話によるメール配信の停止、個人情報の削除依頼などクレームが寄せられた。同社では、希望者の情報をデータベースから削除し、顧客に対ししては郵便にて報告した。

同社では、再発防止策として、社内規定や管理体制の見直しを図るとしており、今後の対応策についてはホームページ上で順次公開していくとしている。

(Security NEXT - 2005/08/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JSAC 2021の「ベストスピーカー賞」が選出 - 講演動画も公開中
ウイルス届け出、前年比73.4%増 - 「Emotet」など被害も
偽取引アプリなどで暗号資産を窃取 - 北朝鮮関与か
従業員が契約者のポイントを不正利用 - 日本生命
外出自粛期間、子どもの6割がアダルトコンテンツに遭遇
講習受講者情報がネット上で閲覧可能に - 電気工事技術講習センター
健康美容商品の卸売販売サイトに不正アクセス - クレカ情報が流出
「VMware vCenter Server」の深刻な脆弱性 - 悪用リスク上昇
顧客情報流出でサクソバンク証券をけん責処分 - 日証協
「VMware vCenter Server」に深刻な脆弱性 - 「VMware ESXi」の脆弱性も