Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ユーザーの不安をあおる新手のスパムメールも - クリアスウィフト調査

クリアスウィフトは、2005年7月のスパム分類統計を発表した。ユーザーの不安をあおって安全関連商品を売り込もうとする新たなスパムメールが発見されたという。

同調査によれば、ヘルスケア商品の売り込みが全スパムメールの約40%、金融関連のものが36%と、依然としてグラフの上位を占めている。ソフトウェアスパムも31%で増加傾向にある。ポルノ関連のメールは3.6%で、先月から引き続き低調だという。

また今回、ユーザーの不安をあおって安全関連商品を売り込もうとするスパムメールが初めて見つかった。「ポルノ情報から子供を守りましょう」や「あなたは気付かなくても、向こうはあなたを見ているのです」などの件名で不安をあおり、セキュリティ製品を買わせようとする。これまでのスパムとは異なる内容であるため、注意が必要だとしている。

(Security NEXT - 2005/08/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メール誤送信、情報共有せず他課で再発 - 那覇市
国内主要企業のDMARC導入、4社に1社 - 政府は3省庁のみ
PC2台に不正アクセス、マルウェア感染も - 日本通運
患者撮影データ含むPCが所在不明に - 松下記念病院
フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
「Cisco NX-OS」に6件の脆弱性 - 重要度「クリティカル」も
送信先顧客リストをメールに誤添付 - NTTデータ数理システム
中学校で遠足指導中に生徒名簿を紛失 - 横浜市
クラウド設定不備による情報流出は発生せず - freee
メール送信ミスで歯科医師のメアド流出 - 科研製薬